球際最強の堅守。
素手感覚の野球グローブだからこそ成し得る鉄壁の守備。

堅守の秘密は「指かけ」にある。

試合の流れを左右するプレーがある。

1点をめぐる息詰まる攻防の中、守備陣を鼓舞しチームを奮い立たせる野手のワンプレー。

味方投手の背を支える思いが重なり合うとき、チームは一つになる。

オーダーグローブSpeedStar独自の「指かけ」が高めるポテンシャル

野球グローブには「指かけ」と呼ばれる親指と小指をホールドするパーツがある。

指の安定をはかると同時にグローブを握る力の伝達をアシストする、地味ながらも大切なパーツだ。

この謙虚にして重要な「指かけ」だが、SpeedStarのグローブは親指と小指の他に、薬指にも「指かけ」を設けている。

グローブの中で不安定な薬指の状態を改善するために開発された、SpeedStarの大きな特徴とも言える部品だ。

この特徴的な「指かけ」により、SpeedStarのグローブは従来のグローブには無い卓越したフィット感と抜群の安定感を実現した。

薬指をホールドすることでグローブの中で手が定まらずにブレた状態が改善され、「素手感覚」のフィールディングが可能となる。

ボールをグローブに当てて捕球するのではなく、しっかりと掴んで捕球するスタイルの野手にとって自分の手のように自在にコントロールできるグローブは心強い。

プロ野球でいうと、楽天イーグルスの松井稼頭央選手のようなタイプの野手だ。

SpeedStarのグローブを手にし、その独特の「指かけ」に触れた選手は一様に得心の表情を浮かべる。

長年の不協和が氷解したかのような晴れやかな笑顔だ。

野球グローブにとって最も重要な「ボールを掴む」というポテンシャルの高さをSpeedStarのグローブに感じるからだ。

内野手のプレースタイルに応じた多彩なモデル展開

薬指に付けられた「指かけ」の他に中指に「指かけ」を設けたモデル、小指部に2本の指を入れることが出来るモデルもある。

どのモデルも捕球のしやすさ、掌の動きのサポート、手の負担の軽減等に寄与するユニークな構造だ。

これらSpeedStar独特の設計は野球を知り尽くした当社スタッフのアイデアを経験豊富なグローブ職人の技によって形に出来た。

一見、突飛に感じられる着想ですらカスタマイズ可能な柔軟な生産体制は日本製グローブだからこそ出来ることであり、多様な要望にも意欲的に応じることが出来るオーダーグローブの醍醐味だ。

尚、この「指かけ」については意匠登録申請中のSpeedStar独特のアイデアである。

守備に強いグローブ

一つのミスが勝敗を決する張り詰めた空気の中では、常に傍らにあるグラブのみが唯一の頼りとなる。

一片の違和感も無く、自らの手と同化するほどに馴染んだグラブほど頼もしいパートナーは無い。

どのような強打にも怯まない堅牢な守備はゲームの流れを引き寄せる。

「SpeedStar」オーダーグローブだからこそ叶う至上の素手感覚とともに、球際最強を目指す興奮を感じて頂きたい。

不安なこと疑問点など何でも

お問合せ

色指定などオプションを指定してお見積

無料お見積り

このページのトップへ

Contents 目次